News

次回予告「ありがとう」

NEW

第88回コアトークカフェのテーマは「ありがとう」です。

2018年も大詰め、今年もたくさんの方にコアトークカフェにご参加いただき、まことにありがとうございました。

そんなメッセージを考えながら、ふと疑問がよぎりました。
「あり」「がたい」というのは「ある」のが「むずかしい」ということのようです。
なぜこれが感謝を伝えることばになるのでしょう。そもそも感謝することにはどんな意味があるのでしょうか。

「ありがたい」とはどういうことなのか?
「ありがとう」は一種の挨拶なのか?
感謝せずに生きることは可能か?

などなど、さまざまな問いを立てながら、「ありがとう」について哲学してみませんか。
会の詳細はこちらを御覧ください。
参加希望、お問い合わせはtwitterfacebookメールでお寄せいただけたらと思います。初めて参加希望の方は、お名前と当方をお知りになったきっかけを添えてご連絡いただけると幸いです。

次回予告「カフェ×哲学書」

みなさんお久しぶりです。第87回コアトークカフェは、10月7日(日)に四谷三丁目のスタジオスクイントで開催します。 今回は、哲学書とのコラボです。

日頃あまり触れる機会のない哲学書。たまに手に取ってみても、なんだか難しくて結局やめてしまいますよね。 それに、そもそもの哲学の知識もないので、うまく読みこなせるか不安になってしまいます。 だったら、みんなで読んでみて、自由に対話するというのはどうでしょうか。 そこで、読みやすい哲学書の一部分を、事前知識なしで、みんなで読んでみます。 書かれている文章やキーワードが分からなければ、みんなでわからなくなって、みんなで考えてみませんか。

〇文献は?
当日までのお楽しみ。哲学カフェ当日も、何の哲学者の本かは明かされません。数行が書かれたプリントを配布します。
〇知識は必要?
一切必要ありません。むしろ、これまで学んできたことや、知識として持っているものを封印して、新たな気持ちで文章と向き合ってみてください。
〇むずかしい?
数行だけで意味が取れるような、読みやすい文章を選びます。安心してください。

会の詳細はこちらを御覧ください。
参加希望、お問い合わせはtwitterfacebookメールでお寄せいただけたらと思います。初めて参加希望の方は、お名前と当方をお知りになったきっかけを添えてご連絡いただけると幸いです。

次回予告「ふつう」

8月4日(土)に喫茶茶会記で開催される第86回コアトークカフェのテーマは「ふつう」です。

わたしたちは日常的に「ふつう」ということばをたくさん使います。
「ふつうなら〇〇だ」、「ふつうに考えて△△だ」、「それはかなりふつうだ」。
まるでだれもが何が「ふつう」なのかを理解できているかのようです。
でも、わたしたちは本当に「ふつう」のことをわかっているのでしょうか?

「ふつうは共通か」
「ふつうのことはどう決まるのか」
「ふつうであることはよいことか」

などなど、様々な問いを立てながら「ふつう」について哲学しませんか。
会の詳細はこちらを御覧ください。
参加希望、お問い合わせはtwitterfacebookメールでお寄せいただけたらと思います。初めて参加希望の方は、お名前と当方をお知りになったきっかけを添えてご連絡いただけると幸いです。

次回予告「アート×哲学カフェ」

みなさんお久しぶりです。偶数月開催になって初めてひと月あけて開催する第85回コアトークカフェです。

今回のコアトークカフェは、場所もやり方もいつもと違って、アートとのコラボです。
アートというと身構えてしまうかもしれませんが、何か作品を見て素直に「意味がわからない」「何とも思わない」と言えることから始めたいと思います。ここには作品解釈の「正解」を教える人はいませんし、一度忘れて下さい。ただ作品をきっかけにしてざっくばらんに話しながら、いつのまにか私たちの哲学の翼がうずいてくれば、作品から飛び立つことができるかもしれません。素敵な眺めになると思いませんか?
今回は「見て」話せる作品にしぼって、鑑賞するところから始めたいと思います。鑑賞する作品は、いくつかの候補の中からみなさんに決めてもらいます。さてこれはアートなのか、哲学なのか、是非「アート哲学カフェ」へ!」

会の詳細はこちらを御覧ください。
※今回の会場は四谷四丁目交差点近くのスタジオ スクイントです。おまちがいなく!

参加希望、お問い合わせはtwitterfacebookメールでお寄せいただけたらと思います。初めて参加希望の方は、お名前と当方をお知りになったきっかけを添えてご連絡いただけると幸いです。

次回予告「さみしい」

4月7日(土)開催、第84回コアトークカフェのテーマは「さみしい」です。
こんな短歌があるのをみなさんはご存じですか。

さみしくてたまらぬ春の路上にはやきとりのたれこぼれていたり/穂村弘

春の枕詞とも言える「さみしさ」。春だけでなく、いつでもさみしさを感じている人も少なくないかもしれません。
なぜ人はさみしさを感じ、さみしさを抱え、さみしさを芸術に込めるのでしょうか。
ひとりぼっちだからこそさみしい。いや、人と一緒にいるからこそさみしい。いろんなさみしさの風景があります。
あなたは、どんなときにさみしさを感じますか?そしてその正体は何ですか?
「どんなときにさみしさが生じるの?」
「さみしいはよいこと?わるいこと?
「〈さみしさ〉は共有できる?」

などなど、様々な問いを立てながら「さみしい」について哲学しませんか。
会の詳細はこちらを御覧ください。

参加希望、お問い合わせはtwitterfacebookメールでお寄せいただけたらと思います。初めて参加希望の方は、お名前と当方をお知りになったきっかけを添えてご連絡いただけると幸いです。

次回予告「正義」

3月3日(土)開催、第83回コアトークカフェは、「正義」です。
小さい頃、正義のヒーローにあこがれませんでしたか? 悪人のほうが魅力的だったというひともいるかもしれません。 はたしておとなになったわたしたちにとって、正義とはいったい何なのでしょうか。
「正義のヒーローは本当に正しいのか?」
「カワイイは正義とは?」
「力こそ正義?」
などなど、様々な問いを立てながら「正義」について話し合ってみませんか。
会の詳細はこちらを御覧ください。

参加希望、お問い合わせはtwitterfacebookメールでお寄せいただけたらと思います。初めて参加希望の方は、お名前と当方をお知りになったきっかけを添えてご連絡いただけると幸いです。

Show all