Core Talk Cafe
10th meeting  「インターネット」
Core Talk Cafe meeting

開催場所

喫茶茶会記(四谷三丁目)

参加者数

7名(運営スタッフ含まず)

テーマ選択の背景

ツイッターやフェイスブックといったSNSが流行り、もはやインターネットは日常生活において無くてはならないものとして扱われています。しかし、ふと立ち止まって考えてみると、インターネットは我々に何をもたらしたのでしょうか。もはや日常に溶け込んでいるものから考えるという意味で、コアトークらしいテーマだったのではと思います。

当日の様子

当日は「ネット(あるいはバーチャル)」と「リアル」との差は何か、という問いを中心に議論が進んでいきました。「バーチャルとリアルには差はない」、「マトリックスの世界がきたらどうなるか」、「ネットにおけるモラルとは」といった問いを考えることで、「ネット」と「リアル」について皆さんで考えました。 詳細はCore Talk Cafe digest vol.8をご確認いただければと思います。
Core Talk Cafe digest vol.8

Digest of digest

メディアとして、通信手段として、インターフェースとしての「インターネット」
「インターネット」でのモラルは現実と一緒?
膨大な量の情報が引き起こすこととは?

Book Guide

『ネットとリアルのあいだ』表紙 ネットとリアルのあいだ―生きるための情報学 (ちくまプリマー新書)
西垣 通
筑摩書房 2009-12

by G-Tools